毎年1月から3月に釧路駅から標茶駅までSL冬の湿原号が走っています。C11のSLが客車を引いて釧路湿原の中を走り抜けます。今年1月は試運転の時に故障してしまい、実際1度しか走りませんでした。

SLのススからクレヨンを作りたいと北海道に申し出て、やっとススを手に入れ、製品化してJR北海道の商品化許諾を得るのに1年半かかりました。

実際真っ黒なススからクレヨンは最初灰色の色が描けましたが、ススの量を一般的な顔料よりも4倍多くしてやっと真っ黒な色が出るクレヨンが出来ました。

一般社団法人日本文化用品安全試験場によるJIS規格の重金属検査済み商品です。

 

シックな落ち着いたデザインの大人向きパッケージ

黄色でポップなデザインの子供向きパッケージ(子供向きはクレヨンが線路の上を左右に動きます)

 

こちらの2種類があります。

どちらもC11にちなんで、1つ税込み1100円です。

 

売り上げの一部はJR北海道に還元されます。

 

今回、216本作りました。

うち、10周年イベントで74本売れましたので、残り、142本となります。

142本売れましたら、完売で、次回販売は、来年1月のSL冬の湿原号運行時になります。

 

今回特別に、ススも小さな袋に少し入れてお分けしております。

1つお買い上げごとに、1つ、ススの袋をお分けいたします。

 

完売次第、ネット販売は今回終了です。
​​​​​
​​​​​

SL冬の湿原号のススクレヨン

¥1,100価格